コラーゲンの吸収率

コラーゲンの吸収率が高い=良い商品?

飲むコラーゲンを購入する場合、「吸収率」というフレーズが目につきますが、
低いよりも高いほうが効果的な気がしますよね。

コラーゲンはもともと分子量が大きいため、肌の表面に塗っても皮膚の中に浸透することはありません。
そのため、ドリンクや粉末などで内側から取り入れることがすすめられてきたわけですが、体内でも消化酵素によって分解され、ペプチドになってはじめて、腸管で吸収されるようになります。

吸収率が高いと、それだけ無駄なく体内の隅々まで行き渡るため、吸収率の高さが注目されているんですね。
いくら吸収率が高くてもコラーゲンの生成にまわらなければ意味がないので、一概に高ければ高いほどいいとは言えませんが、商品を選ぶ目安のひとつになると思います。

効果を実感した方が多数!「飲むコラーゲン」の効果実感ランキング → 詳細はこちら

太陽光発電補助金