コラーゲンドリンクの効果

コラーゲンドリンクの効果は賛否両論

コラーゲンドリンクやサプリなどの「飲むコラーゲン」の効果については賛否両論です。
というのも、コラーゲンを経口摂取(飲むこと)しても、消化器官で分解されてしまうため、飲んだコラーゲンがそのままコラーゲンになるわけではない、という理由からです。

確かに、コラーゲンはたんぱく質なので、飲んでも消化器官でアミノ酸に分解されてしまいます。
アミノ酸は血液によって体中に運ばれて、再びたんぱく質として再構成されますが、コラーゲンとして再構成されて皮膚に行き届く可能性は低いと言われています。

では、コラーゲンドリンクは効果がないのでしょうか?

少なくとも管理人は、飲み続けていることで間違いなく以前よりも肌がプリッとしてみずみずしくなりました。
同じような効果を感じている人は多いと思いますが、なぜでしょう?
プラシーボ効果(効いた気がする効果のこと)では考えられないほど肌の状態が良くなっているんですよね。

コラーゲンドリンクを販売している会社も、低分子化させることで分解させないようにしたり、再合成力を高めることで再びコラーゲンに再構成しやすくしたりと、真皮に届かせるためにさまざまな方法を取り入れています。

もちろん効果を感じるかどうかは人によって差があると思います。
少なくとも1週間飲み続けてみて、1週間後肌に違いが出ているかどうかを自分自身で確認して、続けるかどうかを決めればいいんじゃないでしょうか。

効果を実感した方が多数!「飲むコラーゲン」の効果実感ランキング → 詳細はこちら

太陽光発電補助金